NEWS

★縄文遺跡群オリジナルブックカバー広告、今年も実施!

前回、好評だった縄文遺跡群オリジナルブックカバー広告を、今年も12月限定で実施。今回は折り返し部分に遺跡名を加えたパワーアップ版。

 

実施店舗など詳細情報は下記URLへ。

ダウンロードもできます!


ワークショップ「縄文の”ポケモン”をつくろう!」参加者からの投稿!

◎縄文大祭典でのワークショップでの土偶作品をユニークな背景とともに撮影していただきました!

 

名前/ドグ子・ドグ太郎・ドグ次郎

年齢/23歳、11歳、7歳

青森県

コメント/

三内丸山遺跡の縄文のポケモンづくりワークショップで作った土偶を、マイ土器に盛ったパフェの周りに配置しましたドグ!
撮影に協力してくれたのは、平川市の白金珈琲さん。
土偶とカフェの素敵な出会い☆ドグ~!

 

大きな写真で見たい方

こちら

 


☆その他、面白い写真をご紹介!→ギャラリーはこちら



◆2016 縄文大祭典(第18回)が9月17日・18日に開催されました!

当日の様子の詳細→こちら

縄文ファイル227号

 【縄文ファイル227号発行!】 

◎第18回三内丸山お月見

◎第40次発掘調査終了 

◎青森縄文塾 縄文宵待ちフォーラム

「津軽海峡 土偶の旅」

講師:阿部千春氏、岡田康博氏、小笠原雅行氏 

じょうもん堂書店その27 司馬遼太郎「北のまほろば 街道をゆく41」 他

 

 


【今号のくらし縄文人】

 

発掘調査員を経て、現在、御所野縄文博物館で発掘友の会会員として、セカンドステージの「こころ縄文人」魂を燃やしつづけている桐生正一さん(岩手県滝沢市在住)からの寄稿です。

 

詳しくは→こちら



◆萩尾望都と縄文の世界 インタビュー

コミックエッセイ集『夢見るビーズ物語』(ポプラ社)の中に三内丸山遺跡が描かれているように、漫画家の萩尾望都さんは何度か三内丸山遺跡を見学されています。その萩尾さんに縄文文化についてお話をうかがいました。→こちら

萩尾望都の描く縄文人
萩尾望都の描く三内丸山遺跡

*当サイトのデザインの素材提供にも協力していただいております!



 

▼当サイトには講演の英訳ページもあります!


◎Face book ・ Twitterでも情報発信中!

ツイッター、フェイスブックから流れてくる縄文に関するトピックを随時、リアルタイムに表示しています。


◎みちのく銀行「CMの番組」(青森朝日放送)で紹介されました!

後半部分(2:45 )からがNPO法人三内丸山縄文発信の会事務局の紹介です

NPO法人三内丸山縄文発信の会では、会員を随時、募集しております。

●お問い合わせ先
NPO法人三内丸山縄文発信の会 事務局
 〒030-0861 青森市長島4-11-8
  TEL017-773-3477 FAX017-732-3545
公式ホームページ http://jomon-net.xsrv.jp/

◎入会についての詳細情報こちら