全国イベント・講座情報

 

●三内丸山遺跡

TEL017―781―6078(三内丸山遺跡縄文時遊館)

【企画展「第40次発掘調査最新情報展―遺跡北端部の発掘―」】

【日時】3月11日(土)~9月3日(日)

【企画展「磨製石斧の一生」】

 三内丸山遺跡出土の磨製石斧を中心に、製作から消費までの一連の流れを「つくる」「つかう」「土地柄」「納める」の4つの視点で紹介。

【日時】9月16日(土)~2018年3月4日(日)

【さんまる縄文体験】(要申込み)

【対象】小学3年生以上(小学3・4年生は大人の同伴が必要)

〈やってみよう!土器作り〉

 粘土で縄文土器と土偶を作り、野焼きをする。野焼きの間は木の実の採集体験をする。

【日時】9月2日(土)10時~15時

【講師】誉田実氏(陸奥美窯)

【定員】20人 ※7月15日に参加した方

【さんまる縄文学講座】(要申込み)

【時間】10時~11時30分

【対象】高校生以上(一部の回のみの受講も可)

【定員】各回40人(先着順)

【募集開始】5月8日(月)~

〈第6回「磨製石斧の一生」〉

 9月16日から始まる企画展「磨製石斧の一生」について詳しく解説し、企画前でギャラリートークを行う。

【日時】9月16日(土)

【講師】文化財保護課職員

〈第7回「三内丸山遺跡に生息する植物」〉

【日時】10月21日(土)

【講師】斎藤嘉次雄氏(樹木医)

〈第8回「ここまで分かった三内丸山遺跡~石器~」〉

【日時】11月4日(土)

【講師】文化財保護課職員

〈第9回「ここまで分かった三内丸山遺跡~竪穴建物跡~」〉

【日時】11月18日(土)

【講師】永嶋豊氏(青森県埋蔵文化財調査センター)

【平成29年度三内丸山遺跡発掘現場公開】

 公開日の11時から20分程度、調査担当者が現場案内「発掘調査ガイド」を行う。

【日時】7月3日(月)~9月15日(金)の平日9時~12時、13時~17時

※雨天時など臨時に中止する場合あり。

【三内丸山応援隊体験工房】

 縄文ポシェット作り、編布(アンギン)作り、板状土偶作り、再生琥珀のペンダント作り、まが玉作り、ミニ土偶作り、組みひも作りの体験。料金はそれぞれかかる(220円~1080円)。

【受付時間】9時30分~、13時~

【三内丸山応援隊ボランティアガイド】

 事前予約不要。所要時間は1時間程度。1回目は9時15分スタート、2回目は10時、以降15時まで1時間おき。最終は16時から。

【集合場所】エントランスホールまたは時遊トンネル出口付近

 

博物館情報

 

●函館市縄文文化交流センター

 (北海道函館市)

TEL0138―25―2030

【企画展「中空土偶国宝指定10周年記念 縄文土偶サミット」】

【日時】8月26日(土)~9月24日(日)

〈トークセッション 中空土偶「茅空(カックウ)の魅力〉(要申込み)

 今年で国宝指定10周年を迎える中空土偶「茅空」の魅力に迫る。

【日時】9月3日(日)13時~15時

【講師】土肥孝氏(東洋大学大学院講師、NPO法人国際縄文学協会理事)、安部郁乃氏(陶芸家)

【定員】50名

 

●縄文の学び舎・小牧野館 青森市小牧野遺跡保護センター (青森県青森市)

TEL017―757―8665

【企画展「名品・珍品だよ!全員集合~三戸町を中心とした文化財~」】

 昭和42年に開館し、開館50周年を迎える三戸町立歴史民俗資料館が収集した、「優れたもの」「面白いもの」「変わったもの」など、魅力ある資料を公開展示。

【日時】9月17日(日)~10月9日(月・祝)9時~17時

【こまきの縄文DAY】

【日時】10月8日(日)10時~15時

〈めざせ世界遺産!!縄文大声コンテスト〉

 縄文や世界遺産登録、三内丸山遺跡、小牧野遺跡など、関連する言葉を叫んで商品をゲット。

【時間】13時30分~15時 ※エントリーは12時30分~

【場所】小牧野遺跡展望所

【定員】先着50名

〈縄文女子が語る土器と土偶の魅力〉

【時間/内容】11時~11時30分/講座「おいしい土器の話」ヤミラ氏、11時30分~12時/講座「土偶は楽しんだ者勝ち!」譽田亜紀子氏、12時~12時30分/縄文女子トークセッション

【場所】小牧野の森・どんぐりの家

〈縄文ワークショップ〉

【時間】10時~15時 ※なくなり次第終了

【内容/定員】土器づくり/先着80名、縄文オカリナ作り/先着60名

【場所】野外テント

〈飲食スペース〉

【時間】10時~15時

【内容】種八農園&ぱん屋麦八のパン・スープ・野菜、肉バル529のローストビーフバーガー、チリビーンズ、ドリンク各種

【場所】小牧野の森・どんぐりの家

【カラフルオーブンねんど体験】

 随時受付。制作時間約30分、焼き時間20分。

【料金】350円

 

●八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館

 (青森県八戸市)

TEL0178―38―9511

【特別展「発掘された日本列島2017」】

 毎年、全国で8000件近くの発掘調査が行われている。その中から、近年発掘され、特に注目された出土品を中心に展示する全国巡回展。

【日時】8月5日(土)~9月18日(月・祝)

〈特別展ギャラリートーク〉

【日時】会期中毎週土曜14時~、日曜10時~、14時~

【講師】土曜:是川縄文館学芸員、日曜:青森県埋蔵文化財調査センター専門職員

【地域展「八戸の土偶」】

【日時】8月5日(土)~9月18日(月・祝)

【秋季企画展「是川縄文ムラを観る・描く~人と風と草木のものがたり~」】

【日時】10月14日(土)~11月26日(日)

〈企画展ギャラリートーク〉

【日時】会期中毎週土曜14時~ ※10月14日・11月4日・11月11日は10時~

【講師】是川縄文館学芸員、辻誠一郎氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)※10月14日・11月4日のみ

〈企画展考古学講座「是川縄文ムラを観る・描く~人と風と草木のものがたり~」〉(要申込み)

【日時】11月4日(土)14時~16時

【講師】辻誠一郎氏

【定員】100人

【土曜日体験教室】(要申込み)

〈シカの角でペンダント作り教室〉

【日時】9月16日(土)9時30分~13時

【材料費】200円

【定員】30人

〈トチの実で縄文cooking〉

【日時】11月18日(土)9時30分~12時

【材料費】200円

【定員】15人

【是川縄文館講座】(要申込み)

〈縄文の布を編む講座〉

【日時】9月2日(土)9時30分~15時

【材料費】200円

【対象】30人

〈縄文土器作り講座〉(要申込み)

【日時/内容】~10月21日(土)9時30分~12時/素地土作り、~10月28日(土)9時30分~12時/形作り、~11月25日(土)9時30分~15時/野焼き

【材料費】600円

【定員】一般10人

【平成29年度八戸市遺跡調査報告会】(要申込み)

【日時】11月11日(土)14時~16時 ※出土品展示は13時~16時30分

【対象】一般100人

【文化の日無料開放】

【日時】11月3日(火)

【日曜日縄文体験コーナー】

 火起こし、縄文土器の文様拓本、土製耳飾り作り、縄文の布を編む、縄文土偶作り、縄文土器作り、琥珀の勾玉作り、滑石の勾玉作り。料金がかかるものもあり(100円~1000円)。

【期間】8月27日(日)~10月29日(日)の毎週日曜9時30分~16時

【冬季縄文体験コーナー】

 火起こし、縄文土器の文様拓本、縄文の布を編む、琥珀の勾玉作り、滑石の勾玉作り。粘土を使う体験については要相談。料金がかかるものもあり(100円~1000円)。

【期間】11月5日(日)~2018年3月25日(日)の毎週日曜9時30分~15時

 

●盛岡市遺跡の学び館(岩手県盛岡市)

TEL019―635―6600

【テーマ展「土器と共に生きる~土器からよむ縄文人の手仕事~」】

【日時】6月3日(土)~9月24日(日)

【企画展「志波城前夜の蝦夷(えみし)社会~9世紀初頭以前の盛南地区~」】

【日時】10月7日(土)~2018年1月21日(日)

〈学芸講座「志波村の古代集落~盛南地区の7・8世紀~」〉

【日時】10月22日(日)13時30分~15時

〈講演会「古代東北の蝦夷と律令国家~7・8世紀を中心に~」〉

【日時】11月12日(日)13時30分~15時30分

【体験学習会「縄文ふれあいDAY」】

【日時】毎月第2土曜10時~11時30分、13時~14時30分

【内容/費用/所要時間】土玉彩色/100円/30~40分、古代風ストラップ/100円/30分程度、拓本とり/100円/30分程度、古代のお守りネックレス作り/100円/30~40分

【限定企画】

【日時】第4土曜10時~11時30分、13時~14時30分

【体験学習会「もりおか史跡・遺跡めぐり」】(要申込み)

【日時】10月1日(日)

【演奏会 壺打楽器ウドゥコンサート「土のにおい・水の音」】

【日時】9月9日(土)14時30分~15時30分

 

●御所野縄文博物館(岩手県一戸町)

TEL0195―32―2652

【いまだけ☆体験「シナノキまるごと体験」(全3回)】(要申込み)

【日時】9月3日(日)・10日(日)10時~15時

【対象】高校生以上

【定員】10人

【費用】1500円

【ごしょのJOMONフェス2017】

【日時】10月9日(月・祝)10時~17時

【企画展「縄文時代のアスファルトの生産・流通・利用」】

【日時】11月3日(金・祝)~12月3日(日)

〈関連イベント シンポジウム「アスファルトの生産・流通・利用~縄文時代を中心に~」〉

【日時】11月23日(木・祝)10時~15時

【会場】一戸町コミュニティセンター(予定)

【いまだけ☆体験「藍染めカレンダーづくり」】

【日時】平日コース:11月15日(水)・16日(木)10時~15時、休日コース:11月18日(土)・19日(日)10時~15時

【定員】各コース15名

【対象】高校生以上

【参加費】2000円

【ハンカチの自然染め】

【日時】毎週土曜・日曜9時~15時

【体験料】1枚につき500円

 

●仙台市縄文の森広場(宮城県仙台市)

TEL022―307―5665

【夏のコーナー展示「仙山交流in高畠~押出遺跡と出土遺物~」】

【日時】7月15日(土)~10月22日(日)

【縄文秋まつり~秋休み特別イベント】

【日時】10月7日(土)10時~15時

【発掘体験教室】(要申込み)

【日時】10月11日(水)、14日(土)10時~12時

【対象】小学5年生以上(小学生は保護者も参加)

【定員】20名

【募集締切】9月30日(土)

【縄文人の記憶の宴】

【日時】10月21日(土)

【縄文の知恵と技を学ぶ】(要申込み)

【日時】10月28日(土)、11月11日(土)10時~12時

【申込み締切】10月開催は10月14日(土)まで、11月開催は10月28日(土)まで

【週末体験講座】(要申込み)

〈縄文生活体験〉

【日時】9月16日(土)16時~19時30分

【対象】20人(小学生は保護者も参加)

【費用】300円(食材持参のこと)

【申込み締切】9月2日(土)

〈干支の土製品づくり〉

【日時】11月19日(日)10時~14時

【対象】小学生以上(小学生は保護者も参加)

【定員】20名

【参加費】200~400円程度

【申込み締切】11月5日(日)

【発掘資料整理体験】(要申込み)

【日時】11月25日(土)

【対象】小学5年生以上(小学生は保護者も参加)

【定員】20名

【申込み締切】11月11日(土)

※事前申込みは、往復はがき、E-mail(j-hiroba@cap.ocn.ne.jp)、FAX(ただし自宅送信に限る)で、住所、氏名(保護者含)、学年、電話番号を記入し、締切日(必着)までに仙台市縄文の森広場に申込みを。申込み多数の場合は抽選。

 

●地底の森ミュージアム(宮城県仙台市)

TEL022―246―9153

【特別企画展「いにしえの木 林 森」】

【日時】7月21日(金)~9月24日(日)

〈特別企画展関連イベント「木をしらべよう、つくってみよう」〉

【日時】9月10日(日)13時~15時

【秋休み 手づくり工房★地底の森】

【日時】10月7日(土)、8日(日)、10日(火)、11日(水)10時30分~12時、13時~15時

【地底の森フェスタ2017】

【日時】10月9日(月・祝)10時~15時

【企画展「陸奥国分寺展~発掘黎明期の挑戦者~」】

【日時】10月20日(金)~12月17日(日)

〈ギャラリートーク〉

【日時】10月21日(土)14時~15時

〈講演会「陸奥国分寺・国分尼寺の成立と展開~文献資料と考古学資料~」〉

【日時】11月19日(日)13時30分~15時30分

【講師】堀裕氏(東北大学)

【定員】先着60名

【たのしい地底の森教室】

【日時】第2・第4日曜13時30分~14時30分

【ミュージアムフォトコンテスト「氷河期の森・縄文の森の風景2017」作品募集】

 地底の森ミュージアムまたは仙台市縄文の森広場の野外展示を撮影した写真を募集中。

※詳細はホームページまたは窓口で配布している募集要項を参照のこと。

【賞】一般部門:館長賞1点(賞金30000円、副賞)、地底の森賞1点(賞金10000円、副賞)、縄文の森賞1点(賞金10000円、副賞) キッズ部門:富沢博士賞1点(記念品)、ハナちゃん賞1点(記念品)

【募集期間】5月2日(火)~12月17日(日)必着

 

●奥松島縄文村歴史資料館

 (宮城県東松島市)

TEL0225―88―3927

【縄文教室(全3回)】

「縄文土器作り」「野焼き」「縄文料理」の3回コース。一夏を通じて縄文ライフを満喫する。

【日時】9月24日(日)縄文料理 ※土器づくり、野焼きは終了

【費用】中学生以上1500円、子ども1000円

【奥松島縄文村まつり】

 縄文体験のほか、縄文カキ剥き競争や縄文料理の試食、貝塚クイズラリーなど、「縄文づくし」のまつり。フリーマーケットや屋台もある。

【日時】10月22日(日)

 

各地の情報

 

●青森県青森市

【米山(2)遺跡現地見学会】

 新青森県総合運動公園建設事業に伴って、米山(2)遺跡の発掘調査が行われている。主に縄文時代後期と中世の遺構・遺物が多数検出されている米山(2)遺跡の、発掘調査状況を公開・解説する。調査写真パネルや出土品の一部も展示。

【日時】10月14日(土)13時~15時

【参加費】無料

【場所】米山(2)遺跡(青森市宮田、新青森県総合運動公園内)

【問合せ】青森県埋蔵文化財調査センター調査第3グループ TEL 017―788―5701

※他遺跡の現地見学会情報は、青森県埋蔵文化財調査センターHPに随時掲載

【HP】http://www.ao-maibun.jp/

 

●青森県青森市

【三内丸山遺跡~小牧野遺跡間シャトルバス実験運行】

【1回目】三内丸山遺跡縄文時遊館前10時→縄文の学び舎・小牧野館10時30分→小牧野遺跡 小牧野の森・どんぐりの家前10時50分→縄文の学び舎・小牧野館11時10分→三内丸山遺跡縄文時遊館前11時40分

【2回目】三内丸山遺跡縄文時遊館前12時30分→縄文の学び舎・小牧野館13時→小牧野遺跡 小牧野の森・どんぐりの家前13時20分→縄文の学び舎・小牧野館13時40分→三内丸山遺跡縄文時遊館前14時10分

【3回目】三内丸山遺跡縄文時遊館前14時30分→縄文の学び舎・小牧野館15時→小牧野遺跡 小牧野の森・どんぐりの家前15時20分→縄文の学び舎・小牧野館15時40分→三内丸山遺跡縄文時遊館前16時10分

 

注意事項:

日程は変更になる場合があります。お出かけまえに主催者にご確認ください。

免責事項: 

本サイトで掲載されている各情報について、利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。

 

*当団体では上記の他、ツイッターやフェイスブックなどで縄文に関するニュースやイベントなどを随時、発信しております!

「縄文の今」がわかる「縄文リアルタイムニュース」ページもご用意してます。